私たちの想い

一杯のお茶で人を笑顔にしたい

これが私たちの大きなテーマです

私たちとのお茶ばなし(対話)を楽しんでくれたら嬉しい
私たちが作ったお茶を飲んで下さった方が笑顔になってくれたらすごく嬉しい
少しでも多くの方に急須で淹れたお茶の美味しさを知ってもらいたい
お茶が、人と人の繋がりを大切にする「和」の一翼を担って欲しい

お茶にかける夢がどんどん広がっています

だからこそ、私たちはお茶を、お茶作りを、最高に楽しむ人でありたい

私たちは日本一“楽しいお茶農家”を目指しています!

philosophy_pht_001
ここ伊勢の地で お茶を作り続けます

〜先祖代々受け継いできた大切な茶畑でこれからもお茶を作り続けたい〜

有限会社中森製茶はそんな想いで代表である中森慰が平成16年に設立した会社です。
お茶作りの歴史は長く、現代表で17代目、まだ幼い子供たちは19代目ということになります。

日本一の清流宮川の朝霧に包み込まれ、お茶の芽が健やかに育つこの恵まれた風土を活かし、
「お茶農家」として生きることは私たちの誇りです。

後継者不足、耕作放棄地の増加など、茶業・農業が抱える問題は深刻ではありますが、
私たちは「笑顔」でこの局面を乗り越え、子供たちやその子孫に繋いでいきたいと思っています。

今後ともご指導ご鞭撻いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

philosophy_pht_002
経営理念

○お茶をきっかけとした「笑顔のある空間・時間」の創出を目指す
○生産者自らが笑顔になることで地域を元気にし、後継者を創出する
○茶業振興(後継者育成、茶園の廃業・放棄地対策)に貢献する
○茶の伝統製法である「手もみ技術」の伝承・後継者育成に努める
○茶の魅力を発信することで、関心を高め、愛飲者を増やす

経営方針

○飲んで頂いた方に笑顔になってもらえるよう安全安心を大前提とした「美味しいお茶」を作る
○心を込めて作ったお茶はその想いも一緒に自分たちの手で販売する
○お茶ができるまでの過程や作り手の存在を楽しんで頂けるような情報発信や提案をする
○茶業や地域を「笑顔」で元気にする
○農業(茶業)を子供たちが自信を持って続けられる職業にする

 

私たちが作ったお茶が「笑顔を繋ぐアイテム」となることを願って・・・